「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

走る人は特に必見!野球におけるシューズの選び方

2016 11/8 10:20
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Mike Flippo/Shutterstock.com

野球のシューズに興味がある方へ。 野球の道具の中でも、シューズの選び方は非常に重要になります。どんなシューズを選べばよいか知りたい人も多いと思います。 そこで今回は、野球のシューズ選びのポイントを紹介します。

野球シューズの特徴を紹介

まずはじめに、野球シューズの特徴について紹介します。
野球シューズは、靴底にスパイクが付いているのが特徴です。これは、グラウンドをしっかり捉える役割を果たすという意味があります。また、サッカーなどと違って基本的には接触することがないので、スパイクを付けてもそれほど危険ではないのです。
靴の素材は基本的にレザーでできています。これも、瞬発力系のスポーツだけに、ある程度の丈夫さと軽さを確保するためにレザーが採用されているのです。昔はブラックレザーが一般的でしたが、最近ではホワイト系のシューズも増えているのが特徴です。

どんなメーカーが参入しているの?

野球シューズを製造しているブランドにはどんなものがあるかというと、有名どころであるアディダス、ミズノ、ナイキなどが参入しています。アメリカでも大人気のスポーツですので、世界的なメーカーが参入しているのです。
珍しいところでは、SSK、アンダーアーマー、ZETTなども参入しています。特に、最近ではアンダーアーマーがユニフォームのサプライヤーとしても活躍している印象があります。
各ブランドにその特色がありますし、サイズ表記も微妙に異なりますので、よくチェックした上で購入することが重要になります。

スパイクは金属式か?それともポイント式か?

野球のシューズ選びで重要なのは、スパイクの形状です。スパイクの形状としては金属スパイクとポイントスパイクが存在していますが、それぞれで特徴は異なります。
金属ポイントの最大の特徴としては、やはりグリップ力の高さがあります。地面をしっかりと捉えるので、クイックな動きにも対応しやすいのです。ただ一方で、接触プレーがあると相手や自分に怪我を負わせる可能性があります。
一方のポイントスパイクは、金属製ほどではないにせよグリップ力が確保されていますし、何よりも踏まれても切れることがないので比較的安全です。一方で摩耗しやすいので消費が早くなる弱点があります。
プレイする団体のレギュレーションでスパイクの形状に制限が設けられている可能性もあるので、よくチェックして選びたいですね。

紐式かベルクロ式か?

野球シューズでは、最近は紐式ではなくベルクロ式のスパイクも増えています。この両者には、それぞれどのような特徴があるのでしょうか?
紐式の特徴としては、しっかり足にフィットさせやすいという点があります。靴紐をギュッと結べば、足にジャストフィットしますし、どこか気合も入りますよね!
一方で、ベルクロ式の場合は、何と言っても履きやすさが魅力的です。マジックテープでできていますので、履くのも脱ぐのもとても楽なのです。
それぞれにメリットとデメリットがありますので、自分好みのアイテムを見つけて購入したいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 野球シューズと言っても、多くのポイントが存在しているものです。 お気に入りの逸品を発見しても、それがルールでNG!というケースもありますので、まずは履いて良いタイプかどうかをしっかり把握して、シューズ選びをしてくださいね。

おすすめの記事