「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

基本ルールを知っていればもっとバドミントンが楽しくなる!

2016 10/11 18:34
バドミントン 対戦
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Byjeng/ Shutterstock.com

カップルや家族でも気軽に行うことができるスポーツの一つであるバドミントン。羽をただ打ち合うだけではなく、基本のルールがあります。基本ルールを知っておくと、仲間で行うときにももっと盛り上がることができ、熱も入ります。テレビ観戦するときにもより楽しむことができるようになりますよ。

シングルスの基本的なルール

シングルスのゲームは21点先取で3ゲーム行い、2ゲーム取ったほうが勝ちになります。20-20でデュースになった場合は、2点差がついたときか30点先取した人の勝ちとなります。どちらかの一人の得点が11点になった時は、1分間以内の休憩時間を与えられます。ゲームとゲームの間の休憩は2分を超えてはいけません。シングルスのコートは、ネットと直角の線は内側です。サーブとレシーブはフォルトになるかラリーが終わるまで交互に打ちます。

ダブルスの基本的なルール

ダブルスのゲームも21点先取制で3ゲーム行い、2ゲーム取ったほうの勝ち。20-20でデュースになった場合は、2点差か30点先取で勝ちとなるのもシングルスと同じです。どちらかの一人の得点が11点になると1分間以内の休憩が与えられ、ゲームとゲームの間の休憩は2分を超えてはいけません。ここはシングルスと一緒です。ダブルスのサービスはチームで1回ずつ交代で行い、セカンドサービスはありません。

おすすめの記事