「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東京オリンピックで注目のバドミントン選手4人

2016 10/3 15:52
バドミントン,オリンピック
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Kairosnapshots / Shutterstock.com

2016年のリオオリンピックでは多くの日本人選手が国民に大きな感動を与えてくれました。
なかでもバドミントンは日本バドミントン史上初の金メダルという偉業を達成し、記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。
本記事では2020年の東京オリンピックで活躍が注目されるであろう選手をご紹介いたします。

成長し続ける日本のバドミントン

2008年の北京オリンピックで小椋久美子選手・潮田玲子選手が「オグシオ」ペアとして注目を集めて以降、オリンピックになると日本人選手の活躍に期待が高まる競技がバドミントンです。
2012年のロンドンオリンピックでは藤井瑞希選手・垣岩令佳選手の「フジカキ」ペアが日本人初の銀メダルを獲得し、一躍脚光を浴びました。 2016年のリオオリンピックでは全世界メダル獲得数ランキングにおいて中国、マレーシアに次ぐ3位となっており、多くの選手が世界レベルで活躍しているのです。 2020年の東京オリンピックではさらに多くのメダルの獲得が期待されています。

日本人史上初の金メダリスト「タカマツペア」高橋礼華選手・松友美佐紀選手①

東京オリンピックにおいて最も金メダル獲得への期待が高まるのは2016年リオオリンピック、女子バドミントンダブルスにおいて優勝し、日本バドミントン界史上初の金メダルをもたらした高橋礼華選手・松友美佐紀選手の通称「タカマツ」ペアです。
2014年10月に女子ダブルスの世界ランク1位になる快挙を達成して脚光を浴びました。これはバドミントン5種目を通じて日本人選手初の快挙でした。 その後は一旦ランキングを下げますが、オリンピックイヤーとなる今年の全英オープンで優勝を果たし、再び世界ランク1位に返り咲き、国際大会も全英オープンを含めて5勝しています。 東京オリンピックでの連覇に期待したいですね。

おすすめの記事