「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

あなたの名場面は入ってる?オートレースにおける名場面4選!

2016 12/21 10:03
オートレース
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://hamamatsu-autorace.seesaa.net/

オートレースは1950年に初開催され現在まで数多くの名勝負、名場面を生んできた。今回はその60年以上にも渡るオートレースの歴史の中で生まれたオートレース史上に残る名勝負、名場面を4つ紹介する。

オートレースにおける名場面とは?

オートレースにおける名場面、名勝負は人それぞれにあるものだ。”初めて生で見たレースが名場面”、”好きな選手が勝利したら名場面”、”激しい攻防を目の当たりにする”、”万車券が当たる”など色々なところから名場面は生まれてくる。人の数だけ名勝負、名場面はあるのだ。スポーツなどで名選手、名勝負、名場面の話をすると一晩でも語りつくすことができるというがそういった醍醐味がオートレースにもあるのだ。

1988年:第20回日本選手権(飯塚)

鈴木辰巳、田代祐一、飯塚将光の3人が激しい攻防をし鈴木辰巳が先頭でレースが進む。残り4周で田代祐一が先頭に立ち飯塚将光も2位に上がった。残り3周で飯塚将光が追い上げ一度は首位に立つが、すぐさま田代祐一が抜き返す。最後まで田代祐一と飯塚将光が接戦を演じるが、僅かの差で田代祐一が勝利した。
これが田代祐一にとって初の日本選手権制覇だったのだ。この激しい展開に目を奪われたファンも多いのではないだろうか。

おすすめの記事