「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ラーメン屋でバイトも!?オートレース選手・青山周平選手の壮絶な過去

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://autorace.jp

現在はトップオートレーサーとしてのオートレースの世界で第一線で活躍する青山周平選手。 オートレースの選手に転向する前はロードレーサーとして輝かしい成績を残しています。 そんな青山周平選手の現在に至るまでの生い立ちについてご紹介したいと思います。

オートレースに転身前はロードレーサーとして活躍

弱冠3歳にしてポケバイに乗りはじめると、10歳にはミニバイクを運転していた青山周平選手。
2001年には、全日本ロードレース選手権GP125に参戦。この年の「ルーキー・オブ・ザ・イヤー」に輝くなど、年間ランキングで8位を獲得しています。2004年からは「GP250クラス」に転向すると、ランキング2位になり、「ルーキー・オブ・ザ・イヤー」にも輝いています。2005年には年間チャンピオンに、2006年からは250ccクラスのロードレース世界選手権に参戦するなど、若くから活躍しました。

数々のタイトルを受賞するも、2008年にはブランクに……

その後も2007年に開催された日本GPの第15戦でポールポジションを記録するなど、同年の年間ランキングを11位でフィニッシュ。これまでロードレーサーとして、ルーキー・オブ・ザ・イヤーをはじめとした数々のタイトルを獲得してきた青山周平選手でしたが、2008年から参戦した「スーパーバイク世界選手権」では年間にしてわずか5ポイントしか獲得することができず、シリーズランキング30位という結果でその年の幕を閉じました。

おすすめの記事