「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ニューイヤー駅伝の優勝チームを徹底解剖!

2016 9/8 23:08
駅伝
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Maridav/Shutterstock.com

全国の駅伝ファンの方へ。
本稿では、毎年元日に開催されるニューイヤー駅伝にスポットを当てたいと思います。
これまでの優勝チームに関する情報をまとめて紹介します。

【概要】ニューイヤー駅伝ってどんなレース?

ニューイヤー駅伝とは、毎年元日に開催される「全日本実業団対抗駅伝競走大会」の通称です。実業団チームの日本一を決める駅伝大会で、1988年からは毎年群馬県で開催されています。
全国から予選を勝ち抜いた37チームが参加(2016年は記念大会のため43チームが参加)します。1月2日・3日は箱根駅伝が注目を集めていますが、大学を卒業した駅伝ランナーが社会人となり活躍する駅伝レースの最高峰が、このニューイヤー駅伝です。
群馬県庁前をスタートし、高崎→前橋→伊勢崎→太田→桐生などの群馬県の主要都市をまたいで、再びゴールの群馬県庁前に帰ってくるまで全7区間・全長100kmにおよびます。2011年から一部ルートが変更になり、各区の走行距離に若干の変動が生じましたが、全長100kmは維持されています。

【優勝回数最多チーム】旭化成(九州)

過去最多の優勝回数を誇るのは旭化成です。これまでの出場回数は53回。30年連続出場を続けている古豪とも呼べるチームです。
1980年代は言わずと知れた宗兄弟が主力として活躍。1990年代はバルセロナとアトランタオリンピックのマラソン競技に出場した谷口浩美や99年のセビリア世界陸上・マラソン競技で銅メダルを獲得した佐藤信之が在籍していました。
優勝回数は歴代最多の21回。78年から83年にかけて6連覇を達成したほか、90年代は鐘紡に96年を除いてすべて優勝と、無敵の強さを誇りました。
しかも、ゴール前のデッドヒートを制されたとき、その差はわずか1秒だったのですから、限りなく優勝に近い2位だったことがわかります。

おすすめの記事