「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

川内優輝、“100戦練磨のプロランナー”へあと8戦 プロ初戦は15日のボストンマラソン

2019 4/14 07:00田村崇仁
川内優輝,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

3月いっぱいで埼玉県庁を退職

陸上男子マラソンの川内優輝(32)が3月末に埼玉県庁を退職し、4月からプロランナーに転向した。これまで「最強の公務員ランナー」と呼ばれ、国内外のレースに毎週のように参戦する独自スタイルで通算92度のマラソンを走破。今年中に残り8戦に迫るフルマラソン通算100戦出場を達成する見込みだ。

節目のレースは大々的に祝う計画で「100回走って百戦錬磨のプロランナーと呼ばれたい。新しい元号になってみんながわくわくした気持ちになっているところで、自分も市民ランナーのスタイルをぶち破る。プロランナーとして大きな変化ができるよう頑張ります」と新たな決意を表明した。

プロ初戦は伝統のボストン

マラソンブームが国内外で広がる中、昨年3月には「2時間20分以内における最多完走数」として当時の78回がギネス世界記録と認定された。

「令和」の新時代に合わせ、心機一転であいおいニッセイ同和損害保険と所属契約を結び、スポーツ用品大手のアシックスジャパン、イヤホンブランド「Jaybird」とも契約を締結。「自分にしかできない『オンリーワン』のプロランナーになりたい」。

昨年の伝統大会で瀬古利彦氏以来31年ぶりに日本勢優勝の快挙を達成し、前回チャンピオンとして臨む15日のボストン・マラソンがプロ初戦となる。

おすすめの記事