「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

福島県、実は長距離王国なんです ~名ランナーの系譜②~

2019 2/3 15:00鰐淵恭市
今井正人,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

目立つ学生駅伝での活躍

1月20日の都道府県対抗男子駅伝で初優勝した福島県は、数々の名ランナーを生み出してきた「長距離王国」として知られる。最近は「山の神」が立て続けに生まれるなど、学生駅伝での活躍が目立つ。

福島県、実は長距離王国なんです ~名ランナーの系譜①~

初代山の神、今井正人

昨今の箱根駅伝人気を語る上で、「山の神」の存在は外せない。山上りの5区で驚異的な走りを見せ、チームを優勝に導くランナーのことを「山の神」と呼ぶようになったが、その初代である今井正人も福島県出身だ。

原町高校を卒業し、順天堂大学に進む。大学2年生の時から箱根の山上りの区間である5区を走ることになるが、ここで一躍スポットライトを浴びることになる。

2年生の時は5区で史上最多となる11人抜きをみせ、区間新記録も更新。区間距離が変更された3年生の時の5区でも、区間記録をマークして5人を抜き、往路優勝に貢献した。4年生の時は5位でたすきを受けると4人を抜いて区間記録を更新し、チームを2年連続の往路優勝、6年ぶりの総合優勝に導いた。

大学卒業後はトヨタ自動車九州に進み、1992年バルセロナ五輪男子マラソン銀メダリストの森下広一監督の指導を受けている。社会人になってからは「マラソンの今井と呼ばれるようになりたい」と語り、主戦場をマラソンに移したが、なかなか周囲が期待するような結果を出せなかった。山上りは特殊能力であり、平坦な道を走るのとは別の能力であるが、周囲は箱根の山上りの走りをイメージして、普通のレースでも速いものだと思ってしまう。今井自身は自分の力が分かっていても、周囲の期待とのギャップに苦しんだ時期もあった。

今井が2時間10分を切る、いわゆる「サブテン」をマークしたのはマラソン8回目、2014年の別府大分毎日マラソンだった。翌年の東京マラソンでは当時の日本歴代6位となる2時間7分39秒をマークし、同年の北京世界選手権の代表に選ばれたが、体調不良で本番を走ることはできなかった。

今井は五輪、世界選手権で、日の丸を背負って走ることはできていない。箱根駅伝の活躍を知るファンからすれば寂しい結果だ。今年で35歳。来年の東京五輪に最後のチャンスをかけることになるだろう。

おすすめの記事