「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

福島県、実は長距離王国なんです ~名ランナーの系譜①~

2019 2/2 15:00鰐淵恭市
佐藤敦之,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

都道府県対抗男子駅伝で初優勝

1月20日に広島市を舞台に行われた都道府県対抗男子駅伝。中学生から社会人までが都道府県ごとにチームを組み、ふるさとのために走るこの大会で、福島県が初優勝した。24回の歴史を数える大会で東北勢が優勝するのは初めてのことだ。

福島県は高校駅伝で優勝した高校はないものの、名ランナーを生み出す「長距離王国」として知られてきた。福島県出身で世に名をとどろかせたランナーを振り返ってみよう。

東京五輪のヒーロー、円谷幸吉

長距離王国・福島を語る上で絶対に外すことができないランナーは、1964年の東京五輪で最も人々の心に残ったアスリートでもある。男子マラソン銅メダリストの円谷幸吉だ。

円谷の人生は栄光と挫折で語られる。初めての日本開催となる五輪に、花形種目であるマラソンで出場した円谷は、当時24歳の陸上自衛官だった。彼は2番手でゴールのある国立競技場のマラソンゲートに入ってきて、観衆の声援を一斉に浴びた。残り200メートルで英国のバジル・ヒートリーに抜かれたものの、銅メダルを獲得。円谷は東京五輪で国立競技場に初めて日の丸を揚げた。

五輪のマラソン代表は3人だった。円谷は2万メートルの世界記録を更新するなどスピードはあったが、マラソンの自己記録は3人の中で一番遅く、最も期待が薄かった。その下馬評を覆す走りで、円谷は一躍英雄となった。

4年後のメキシコ五輪では表彰台のさらなる高みへと期待されたが、腰痛などに苦しみ、思うように走れない日々が続いた。そして、メキシコ五輪を前にした1968年1月、27歳の円谷はカミソリで頸動脈を切る。遺体が見つかった体育学校の自室にあった遺書はあまりにも有名だ。

 「父上様 母上様 三日とろゝ美味(おい)しうございました。干し柿、もちも美味しうございました。

 敏雄兄、姉上様、おすし美味しうございました。(中略)

 父上様 母上様、幸吉は、もうすっかり疲れ切ってしまって走れません」

現在、円谷の偉業を記念して、ふるさとの福島県須賀川市では毎年秋にマラソン大会が開かれている。

おすすめの記事