「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「マラソン王国」日本復活へ 世界との差は縮まった?

2018 11/21 11:00SPAIA編集部
ゼッケン付けて走る人,ⒸShutterstock
このエントリーをはてなブックマークに追加

2度も日本最高記録が出た2018年

2018年は男子マラソンで日本記録が2度も更新された。 まずは、2月の東京マラソンで2位に入った設楽悠太が2時間6分11秒をマーク。高岡寿成の持っていた記録を16年ぶりに5秒更新した。

さらに10月のシカゴマラソンで大迫傑が2時間5分50秒で3位。日本選手で初めて2時間6分を切り、日本実業団陸上競技連合から1億円の報奨金が贈られた。

男子日本記録

ⒸSPAIA

大迫はナイキ・オレゴン・プロジェクトで世界最新鋭のトレーニングを積んでおり、5000mと10000mで出場した2016年リオ五輪後、マラソンに挑戦。2017年4月のボストンで2時間10分28秒、同年12月の福岡国際で2時間7分19秒と順調に記録を伸ばし、3回目のマラソンで日本のトップに躍り出た。

重松森雄が2時間12分0秒の世界最高記録をマークしたのが1965年。以降、日本マラソン界は世界の先頭集団を走ってきた。70~80年代に宗兄弟、瀬古利彦、中山竹通らの活躍をご記憶の方も多いだろう。高岡寿成が2002年にマークした2時間6分16秒は当時世界歴代4位の好記録だった。

おすすめの記事