「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロ1年目の桐生 再び9秒台を出せるか 陸上セイコーゴールデンGP注目選手(1)

2018 5/18 07:00SPAIA編集部
桐生祥秀,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ


セイコーゴールデングランプリ陸上2018大阪 5月20日開催

昨年、東洋大4年生だった桐生祥秀が男子100メートルで9秒98をマークし、ついに日本も10秒の壁を突破した。男子400メートルリレーでも、2016年のリオデジャネイロ五輪で銀メダル、昨年のロンドン世界選手権でも銅メダルを獲得し、日本の男子短距離がかつてないほど注目を浴びている。

5月20日、男子100メートルの日本のトップが久々に集結。大阪・ヤンマースタジアム長居で「セイコーゴールデングランプリ陸上2018大阪」が開催される。

この大会の男子100メートルには、日本記録保持者の桐生(日本生命)、日本歴代2位タイとなる10秒00を持つ山縣亮太(セイコー)、リオ五輪の銀メダルメンバーであるケンブリッジ飛鳥(ナイキ)、ロンドン世界選手権の銅メダルメンバーである多田修平(関西学院大)が出場する。

さらに、昨年の世界選手権金メダリストのジャスティン・ガトリン(米国)も参戦。ハイレベルな戦いが見られそうだ。注目の選手たちの現状を報告する。

1カ月遅れの始動となった桐生

昨年9月の日本学生対校選手権で日本の悲願だった10秒の壁を突破し、一躍時の人となった桐生。この4月から社会人となり、日本生命の所属となった22歳は、例年より遅めの始動となっている。

今季初戦は5月3日の静岡国際で、種目は200メートルだった。結果は21秒13で5位。風邪による体調不良もあったが、桐生らしからぬ走りだった。指導する土江寛裕コーチは「9秒台を出して浮足立っていた部分もあり、いいおきゅうを据えてもらった」と前向きにとらえる。

100メートルの初戦は5月12日のダイヤモンドリーグ上海大会。五輪、世界選手権に次ぐ格付けのダイヤモンドリーグには世界の強豪が集まる。上海には、ガトリンのほか、リオ五輪で銅メダルのアンドレ・ドグラス(カナダ)、アジア出身選手として初めて9秒台を出した蘇炳添(中国)らもそろった。

レース前には「初戦からすごいメンバーと走ることになった。ドグラス選手と走るのは楽しみ。引退したボルト選手の後継者と言われている選手なので」と語っていた桐生。しかしながら、結果は向かい風0.5メートルの中で、10秒26で9人中9位。スタートは悪くなかったが、持ち味である中盤からの加速がいま一つだった。

レース後、桐生は前向きなコメントを残している。「このメンバーで走ることができてよかった。初戦ということを考えると、そこまで悪くない。世界でもファイナルに残るような選手と走ることができて、これからにつながると思う」

おすすめの記事