「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【やりんちゃい!】広島県の陸上強豪校5選

2016 8/29 20:51
陸上
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Photo_DDD/Shutterstock.com

全国の陸上ファンの方へ向けて、チェックしておきたい広島県の陸上強豪校について5つ、戦績などと一緒に紹介します。

全国レベルの強豪校「広島県立世羅高等学校」

広島県世羅郡世羅町にある広島県立世羅高等学校は、勉学とスポーツの両方に力を入れている公立の高校です。陸上部は長距離が非常に強く、広島県の中でも頭ひとつ抜けた存在になっていて、全国大会でも上位争いを演じる実力があります。
特に男子駅伝は歴史が古く、全国高校駅伝に45回出場し、第1回、第2回の連覇をはじめとして9回の優勝という成績を収めています。女子も2006年以降は広島県でトップクラスの力をつけて、全国高校駅伝の常連となっています。

広島県の伝統校「広島県立西条農業高等学校」

広島県立西条農業高等学校は広島県東広島市にある公立の学校です。園芸科、畜産科など農業系の知識が学べるほか、環境教育にも力を入れています。
陸上は長距離に力を入れていて、広島県の駅伝伝統校として名前を知られています。近年は世羅高校の勢いに押されていますが、男子は2015年に中国地方の代表として、11年ぶり8回目の出場を果たしています。女子も2003年、2004年に県大会を連覇して全国高校駅伝へ出場を果たしています。

短距離で強さを発揮する強豪校「広島県立神辺旭高等学校」

広島県立神辺旭(かんなべあさひ)高等学校は、広島県福山市にある公立高校です。普通科と体育科を設置していて、スポーツにも力を入れています。
陸上では短距離や跳躍で強さを発揮していて、2016年5月の広島県高校総体では男子が100m、200m、走り高跳び、棒高跳びで優勝、さらに4×100mリレー、4×400mリレーでも優勝と圧倒的な強さを見せました。女子も100mハードル、走り高跳び、4×100mリレーを制し、男女ともに総合優勝を果たしています。

まとめ

男子駅伝では全国高校駅伝9回の優勝を誇る世羅高校が抜けた存在となっている広島県の現状ですが、
今後世羅高校を脅かす存在が現れるのか、他校の奮闘に期待したいですね。

以上「【やりんちゃい!】広島県の陸上強豪校5選」でした。

関連記事

おすすめの記事