「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【めっちゃ好きだに】静岡県の陸上強豪校5選

2016 8/26 13:36
陸上コース,ハードル
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by J. Henning Buchholz/Shutterstock.com

高校陸上にご興味のある方へ!
陸上強豪校や今後注目したい高校を5校取り上げて、それぞれの戦績や特徴などをご紹介いたします。

静岡県王道の名門 浜松市立高等学校

唯一、浜松市が管理する高等学校で市内有数の進学校でもあります。運動部・文化部ともに盛んで全国出場を果たしており、中でも全国屈指の実力を誇るのが陸上競技部です。
陸上部は2007年の佐賀インターハイにおいて男子学校対抗で32得点を獲得し、部活ができてわずか3年で総合優勝を果たしました。男子に続き女子も2013年に行われた大分インターハイにおいて初の総合優勝に輝いています。
近年は男女共に高校日本代表選手も輩出して、現在の高校陸上競技界を牽引する目覚しい活躍を見せていると言えるでしょう。

県内屈指の強豪校 静岡県立浜名高等学校

文武両道に励み「心豊かな人間の育成」を教育理念に掲げる県立高等学校です。
サッカー部の活躍が有名で、全国大会に複数回出場を果たしその名を馳せていますが、陸上部も負けてはいません。
戦績は27年度全国高校総体男子100m、200m、4×100mRの出場や26年度ユースオリンピックアジア予選200m3位、全国高校総体男子三段跳5位入賞、また複数種目での出場を果たすなど多岐にわたる好成績を収めており、強豪の名を全国に馳せています。

龍城の名のもとに 静岡県立韮山高等学校

伊豆の国市にある県立高等学校で略称の韮高(にらこう)と呼ばれることが多いです。2016年現在、開学以来141年の歴史を持つ県最古の公立高校であり、本校は「龍城」という異名を持っています。
長崎国体に出場し、大会新記録で2位となった青山福泉選手を輩出するなど常に有望な人材に目を向けています。平成27年には全国高等学校総合体育大会(インターハイ)陸上競技種目への出場権を勝ち取るなど実績を積んでいる高校です。
ぜひ次回のインターハイでも自己新記録を目指して欲しいですね。

鳥井潔監督率いる強豪校 静岡県立島田高等学校

大井川の堤防(土手)に近いため地元民からは「土手高」と通称されています。部活動では、陸上部が全国大会の常連レベルの実力であり、全国高等学校駅伝競走大会には男子が2012年に1回、女子が2013年・2014年の連続2回の静岡県代表高校として大会出場を果たしています。
2016年の東海大会には県大会で陸上男子1500M走第2位、5000M走第6位に入賞した池田燿平選手が出場します。今までの練習成果が無駄にならないよう、好成績を残して帰校してほしいですね。活躍がとても楽しみです。

静岡県の強豪校 藤枝明誠高等学校

水準の高い文武両道を掲げ陸上競技部や駅伝部その他多くの運動部が全国出場をしている強豪校です。
平成22年の全国高校総体男子走幅跳に出場している村上亮太選手は、国民体育大会少年B男子走幅跳で準優勝、日本ユース陸上競技選手権大会では5位に入賞するほどの優秀さでした。駅伝県高校駅伝競走大会でもベスト4入りを果たす実力を誇ります。
過去にも同校は、アジア大会で16年ぶりの金メダル獲得に貢献した、ミズノ所属の飯塚翔太選手などを輩出しています。

まとめ

フィールド上を爽快に駆ける選手たちを見ていると、とてもすっきりした気分にさせてくれますよね。
一生懸命な彼らの今後の活躍が楽しみです。

以上「【めっちゃ好きだに】静岡県の陸上強豪校5選」でした。

関連記事

おすすめの記事