「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【おったまげた!】埼玉県の陸上強豪校5選

2016 8/26 13:36
陸上 駅伝
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Oleksandr Lysenko/Shutterstock.com

プロスポーツチームを複数抱えていて、熱狂的なサポーターも多い埼玉県。スポーツ県として有名だが、陸上競技も人気が高いスポーツだ。ジュニアからシニア、短距離からマラソンまで、様々な大会が催されている。今回は、埼玉県の陸上強豪校を5校紹介する。

埼玉の駅伝を引っ張る強豪校「埼玉栄高等学校」

埼玉栄高等学校は埼玉県さいたま市西区にある中高一貫の私立学校だ。普通科の4コースと保健体育科を設置していて、勉学、スポーツともに力を入れている。敷地内にスポーツセンターをはじめとしたスポーツ施設があるほか、校外施設として総合グラウンドとソフトボールスタジアムをもっている。
陸上は長距離が強く、全国高校駅伝に埼玉県の代表として男子は36回出場し優勝1回、女子は24回出場し優勝3回という実績を残している。

設楽兄弟を輩出した強豪校「武蔵越生高等学校」

武蔵越生(むさしおごせ)高等学校は埼玉県入間郡越生町にある私立の学校だ。略称として「ムサオゴ」「ムオゴ」と呼ばれることもある。難関大学を目指す進学コースとアスリートを育てる体育コースが設置されている。
陸上も全国レベルの力を持っていて、特に長距離で実績を上げている。駅伝も強く、県予選では毎年上位争いを繰り広げている。箱根駅伝で活躍した双子の設楽啓太(現コニカミノルタ)悠太(現Honda)兄弟の母校としても有名だ。

短距離に強い強豪校「立教新座高等学校」

埼玉県新座市にある立教新座高等学校は、キリスト教系で中高一貫の男子校だ。スポーツに力を入れていて、広い敷地内にはチャペルなどのほかに、体育館やジムをはじめとしたスポーツ施設も充実している。
陸上は論理的、合理的なトレーニングを取り入れ近年着実に力をつけている。2016年5月のインターハイ県予選では100mと4×100mリレーで優勝、4×400mリレーで3位に入るなどの成績を収め、見事男子の総合優勝を果たした。

公務員ランナー川内優輝選手の母校「埼玉県立春日部東高等学校」

埼玉県春日部市にある春日部東高等学校は、陸上競技に力を入れている公立高校だ。1977年開校と比較的新しい学校で、関東では唯一となる人文科を設置しているのが特色になっている。
陸上部は県内の強豪校として知られていて、短距離、長距離ともに県大会で上位に入る力をもっている。駅伝も強く毎年上位争いに顔を出すが、全国への道は埼玉栄の壁に阻まれている。
公務員ランナーとして活躍している川内優輝選手の母校としても有名である。

着々と力をつけてきた陸上「昌平高等学校」

昌平(しょうへい)高等学校は埼玉県の北葛飾郡杉戸町にある私立高校だ。勉学の面では国際教育に力を入れており、交換留学などを積極的に行っている。スポーツ面では指導者を招へいして強化をすすめており、着々と成果を上げつつある。
陸上でも年々実力をつけてきて、特に女子の駅伝は埼玉県内でも上位争いを演じるようになってきた。2016年2月の埼玉県駅伝競走大会では総合順位3位、さらに3区を走った金森遥選手が区間賞をとる活躍を見せてくれた。

まとめ

駅伝では埼玉栄高校が圧倒的な実績を誇っているが、他の学校も着実に強化を進めている。今後どのようなドラマが生まれるのか期待したい。

関連記事

おすすめの記事