「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

中学から陸上部へ! 初心者が選ぶべきシューズとは

2018 4/3 17:08Mimu
陸上シューズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

まずシューズを揃えよう

陸上を始める場合、シューズや練習着などが必要だ。とはいえ、中学生用の部活だと、体操服で練習しているところも多く、必須とまではいかないかもしれない。自主練習用に数着は持っておいてもいいかもしれないが、急ぐ必要もないだろう。

しかし、シューズの場合はそうもいかない。普通のスニーカーでも練習できないことはないだろうが、シューズの消耗が激しくなり、足を痛めるリスクも高くなる。衛生的にも、あまりよくない。やはり、専用のシューズを購入しておいた方が良いだろう。

陸上のシューズは、大まかに分けてランニングシューズとスパイクシューズがある。そしてこれらが、さらに細かく枝分かれしているといった感じだ。ランニングシューズは、別名アップシューズとも呼ばれ、主に練習やウォーミングアップで使用される。普段はこちらを使い、大会の時はスパイクを履くという選手も多い。

クッション性に優れたランニングシューズがおすすめ

ランニングシューズは、クッション性に優れたもの、軽量性に優れたもの、それらの中間の特徴をもったものの3種類がある。これから陸上を始めるという子どもには、クッション性に優れたものをおすすめしたい。足への負担が少なく、トレーニングに必要な筋力が未熟であっても、ケガのリスクを抑えることができる。

軽量性に優れたシューズは、クッション性が弱いため、足への負担が増えてしまう。速く走るためには、もちろんシューズも軽いほうがいい。しかし、負担に耐えられるだけの筋力がなければ、フォームが崩れてしまったり、ケガのリスクも高くなったりしてしまうのだ。タイムを追求する、より上級者向けのシューズとなっている。そしてそれらの中間の特徴を持ったシューズは、やはり中級者向けだ。

いずれにしても、ランニングシューズは長くても2年ほどで履き替えることになる。3年間1足だけで十分ということはあまりない。それをふまえても、やはりまずはクッション性のものを購入すると良いだろう。

おすすめの記事