「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【いいじゃん】神奈川県の陸上強豪校5選

2016 8/26 13:36
陸上 リレー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Stefan Schurr/Shutterstock.com

ランニングが全国的に流行し、様々なマラソン大会や市民大会で陸上競技が盛り上がっている。神奈川県でもフルマラソンから親子でかけっこまで、様々なイベントが行われ、陸上競技が身近なものになった。 今回は陸上の中でも注目したい神奈川県内にある陸上強豪校を5つ紹介する。

藤商の伝統を引き継ぐ強豪校「藤沢翔陵高等学校」

藤沢翔陵高等学校は神奈川県藤沢市にある私立の男子校だ。1998年に藤沢商業高等学校から校名を変更して現在にいたる。伝統的にスポーツが盛んで、藤商時代にはバレー部は春高バレーで5回優勝するなどの実績があり、「バレーの藤商」として全国的に有名となった。
陸上競技では長距離が強く、駅伝では全国高校駅伝に神奈川県の代表として33回の出場を果たしており、入賞3回、最高位3位という成績を収めている。

神奈川の強豪校「法政第二高等学校」

法政第二高等学校は、神奈川県川崎市に位置している中高一貫の私立の学校。スポーツが盛んで、野球では夏の甲子園に9回出場して優勝2回、準優勝1回という成績を収めている。
陸上にも力を入れていて、短距離、長距離の両方とも神奈川県で上位にくる実力を持っており、2016年5月の神奈川県高校総体では、男子が総合優勝に輝いている。駅伝では2015年に藤沢翔鵬の5連覇を阻み、全国高校駅伝に初出場を果たした。

スポーツが盛んな公立高校「神奈川県立荏田高等学校」

神奈川県立荏田高等学校は横浜市都筑区にある公立の高校だ。1993年に体育コースが設置され、スポーツが盛んな学校として知られている。近年では男子バレーが強く、春高バレーに2014年から3年連続で出場している。
陸上も強く、女子は神奈川県でトップクラスの実力があり短距離、長距離で上位に入っている。駅伝では白鵬女子との2強としてしのぎを削っている状況だが、2013年からは神奈川県大会を3連覇して全国高校駅伝の常連校となっている。

女子駅伝の強豪校「白鵬女子高等学校」

横浜市鶴見区にある白鵬女子高等学校は、駅伝の強豪校として知られる私立の女子校だ。社会で活躍する女性の育成を掲げていて、保育・福祉・国際・スポーツ・メディアなどのコースが用意されている。
スポーツは盛んで、テニス、水泳、体操、柔道などは全国大会で活躍している。陸上では長距離が強く、駅伝では全国高校駅伝に神奈川県の代表として10回の出場を果たしている常連校で、2011年には最高位の6位という成績を収めた。

リレーで力を発揮強豪校「相洋高等学校」

相洋高等学校は神奈川県小田原市に位置する私立の学校。難関大学への進学を目指す特進コースを開設している進学校だが、スポーツも盛んに行われている。陸上では短距離が特に強く、県大会ではトップクラスの力を持っている。
2016年5月の神奈川県高校総体では個人種目で上位に来るだけでなく、男子の4×100mリレー、4×400mリレー、女子の4×100mリレー、4×400mリレーの4種目ですべて優勝という輝かしい成績を収めている。

まとめ

人口も多くスポーツ強豪校もたくさんある神奈川県では、陸上に真剣に取り組む高校生たちが日々、記録の向上に励んでいる。
今後の活躍に期待したい。

関連記事

おすすめの記事