「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【がんばっぺ】茨城県の陸上強豪校5選

2016 8/26 13:36
陸上,フィールド
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Haizhen Du/Shutterstock.com

茨城県で陸上競技をがんばっている高校生たちをご存知でしょうか?
知っておきたい茨城県の陸上強豪校を5つ紹介します。

茨城県駅伝の強豪校「水城高等学校」

水城(すいじょう)高等学校は水戸市にある私立高校です。茨城県内でも有数のマンモス校であり、かつ進学校として知られる学校です。スポーツにも力を入れていて、全国レベルで活躍するゴルフ部からは片山晋呉選手を輩出しています。
駅伝部も全国レベルの実力を持っていて、全国高校駅伝の常連校になっています。男子は茨城県大会10回優勝で、2015年の優勝時点で7連覇を達成しました。女子も2015年の県大会で優勝し全国高校駅伝にアベック出場を果たしました。

茨城県女子駅伝2強の一角「茨城キリスト教学園高等学校」

茨城キリスト教学園高等学校は茨城県日立市に位置する私立高校です。同じ系列の中学校、高校、大学が同敷地内にあり、さらに講堂や教会も備わった広大な敷地面積の中で学園生活を送っています。
陸上には力を入れていて、女子の駅伝は県内トップの実力をもっています。全国高校駅伝には19回の出場を誇り常連校となっていますが、近年は水城高校の女子駅伝が力をつけてきたため、県大会では2強としてしのぎを削る状況になっています。

茨城のスポーツ強豪校「東洋大学附属牛久高等学校」

茨城県牛久市にある東洋大学附属牛久高等学校は「東洋大牛久」という略称で呼ばれる私立高校です。スポーツの強豪としても知られ、相撲部は全国レベルです。野球場やテニスコートの整備も進み、スポーツ環境は整っています。
陸上は短距離、長距離ともに県内でも高い実力を持っていて、2016年5月に行われた茨城県高校陸上対抗選手権では女子の4×100mで優勝を飾っています。駅伝では県大会で男女ともに上位入賞の実績があります。

筑波学園都市に位置する強豪校「つくば秀英高等学校」

つくば秀英高等学校は茨城県の筑波研究学園都市にある私立高校です。研究学園都市にふさわしい、自主性があり柔軟な思考で多方面において活躍できる人材の育成を掲げています。
運動部には特技選抜制度があり、陸上競技部もその一つとして強化を進めていて、近年は短距離で実績を上げ始めています。2016年5月の茨城県高校陸上対抗選手権では、男子100m、男子200m、男子4×400mリレーで優勝という成績を収めています。

スポーツに力をいれる公立強豪校「茨城県立土浦湖北高等学校」

茨城県土浦市にある茨城県立土浦湖北高校はスポーツに力を入れている公立高校です。陸上競技には力を入れていて、短距離、長距離だけでなくやり投げや砲丸投げなどの投擲種目にも強いのが特色になっています。
2016年5月の茨城県高校陸上対抗選手権では、男子は400m、4×100mリレー、やり投げで優勝、女子は100m、200m、400m、4×400mリレー、走り幅跳び、砲丸投げ、円盤投げ、やり投げで優勝と、茨城県内で高い実力を持っていることを示しました。

まとめ

東日本大震災では一部の地域が被災した茨城県ですが、高校生たちは元気に部活動に励んでいます。全国レベルで活躍するスターが誕生するのを期待して、見守っていきたいですね。

以上「【がんばっぺ】茨城県の陸上強豪校5選」でした。

関連記事

おすすめの記事