「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東北地方の陸上強豪校5選

2016 8/26 13:36
陸上コース
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Han maomin/Shutterstock.com

震災を乗り越えて復興の道を進む東北地方では、部活に励む高校生たちがたくさんいます。
今回は陸上好きの方へ向けて、注目したい東北地方の陸上強豪校を5つ紹介します。

東北のスポーツ強豪校「仙台育英高等学校」

仙台市宮城野区にある仙台育英高等学校は進学とスポーツの両方に力を入れている私立高校です。スポーツでは、いろいろな競技で全国的な活躍をしていて、スポーツ強豪校として有名になっています。
陸上競技も盛んで、短距離でも東北地区では上位に入る力をもっているほか、長距離では全国高校駅伝の常連校として知られ、男子は7回、女子は2回の優勝回数を誇っています。特に男子は2003年から2005年まで3連覇という大記録を達成しています。

秋田県の陸上伝統校「秋田工業高等学校」

秋田県立秋田工業高等学校は、秋田市にある公立の工業高校でスポーツ強豪校として知られています。1904年に創立された秋田県立工業学校を前身とする歴史と伝統のある学校で、ラグビー部は全国高校ラグビーフットボール大会で優勝15回という大記録を持っています。
陸上部は駅伝が強く、1964年には全国高校駅伝に初出場を果たしています。その後も秋田県でトップの実力を維持しつづけ、2014年の全国高校駅伝では最高位の4位という輝かしい成績を収めました。

福島県陸上2強の一角「学校法人石川高等学校」

福島県石川郡石川町に位置する学校法人石川高等学校は「学法石川」という略称で呼ばれる私立高校です。1892年に創立された石川義塾を前身とする歴史の深い学校です。スポーツも盛んで自転車競技、ハンドボール、野球などは全国の舞台で活躍しています。
陸上は駅伝に力を入れていて、全国高校駅伝には男子は7回、女子は3回出場しています。特に男子は2013年から2015年までの3年間で8位、7位、7位と安定した強さを発揮し、強豪校として知られるようになりました。

福島県陸上2強の一角「田村高等学校」

福島県田村郡三春町に位置している福島県立田村高等学校はスポーツに力を入れている県立高校です。1991年に体育科を設置し、それ以降はトレーニングルームやグラウンドを整備して環境を整えてきました。
陸上では駅伝の強豪として知られ、全国高校駅伝の常連となっています。男子は全国で最高順位2位、女子は1998年に優勝という輝かしい成績を収めました。福島県大会では学法石川との代表争いで毎年しのぎを削っています。

青森のスポーツ強豪校「青森山田高等学校」

青森山田高等学校は青森市に位置する中高一貫の私立の学校です。スポーツの強豪校としてサッカーや野球など全国大会で活躍する機会が増えてきて、卓球の福原愛選手、テニスの錦織圭選手の出身校としても有名です。
陸上では長距離に力を入れていて、駅伝では全国高校駅伝の常連となっています。男子は最高順位3位、女子は最高順位7位という成績を収めています。女子は青森県内でも抜けた存在で連続出場回数は23回という記録を持ち、現在も更新中です。

まとめ

東北地方にも全国の舞台で名前を聞く高校がたくさんあります。元気に活躍する高校生たちの今後の活躍を見守っていきたいですね。

以上「東北地方の陸上強豪校5選」でした。

関連記事

おすすめの記事