「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【なまら好きだべさ】北海道の陸上強豪校5選

2016 8/26 04:36
アスリート ランニング
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by leungchopan/Shutterstock.com

マラソンブームなどで全国的に陸上競技への関心も高まっていますね。
北海道でも陸上競技をがんばる高校生たちがたくさんいます。
今回は陸上好きの方へ向けて、注目したい北海道の高校を5つ紹介します。

短距離に強い強豪校「立命館慶祥高等学校」

立命館慶祥高等学校は北海道江別市に位置する私立高校です。北海道内でも有数の進学校であったり、2012年には文部科学省より理数系を重点的に教育する高校としてスーパーサイエンスハイスクールに指定されるなど、勉学の面で高い実績を上げています。
陸上競技は短距離系に力を入れていて、道内の大会では男女ともに上位に名を連ねています。2015年の道大会では男子4×100リレーで2位、男子4×400リレーで1位、女子4×400リレーで1位という結果を残し、チームとしての強さも兼ね備えています。

総合力のある「北海道栄高等学校」

北海道白老郡白老町にある北海道栄高等学校も、北海道の陸上強豪校として有名です。埼玉栄高等学校と同じ系列のため、制服が同じになっています。スポーツが盛んな学校で陸上にも力を入れており、男子は短距離、長距離ともに強いのが特色です。
2015年の道大会では男子4×100リレーで1位、男子4×400リレーで2位という結果を残し、立命館慶祥とのライバル対決は1勝1敗という結果になりました。駅伝も強く、近年は札幌山の手に次ぐ2番手のポジションを維持しています。

男子駅伝を引っ張る強豪校「札幌山の手高等学校」

札幌山の手高等学校は札幌市西区に位置する学校で、運動部、文化部ともに活動が盛んです。国際的な人間の育成にも力を入れていて、海外からの留学生を積極的に受け入れています。女子バスケットボールの名門であり、代表クラスの選手を多数輩出しています。
陸上は長距離が強く、特に駅伝では2013年から3年連続道内トップの座を維持していて、全国大会の常連校となっています。2014年には全国高校駅伝で自己最高となる18位に入り、さらに上を目指して強化を続けています。

女子駅伝の強豪校「札幌日本大学高等学校」

北海道北広島市にある札幌日本大学高等学校は、スポーツと勉学どちらも力をいれている学校です。勉学の面では理数系の重点教育を行うスーパーサイエンスハイスクール、国際的な人材教育を行うスーパーグローバルハイスクールの2つに指定されています。
陸上は長距離に力を入れていて、女子の駅伝は道内でもトップクラスの強さを持っています。近年は旭川龍谷高校とともに全国大会常連校になっており、北海道の長距離を引っ張る存在になっています。

女子陸上短距離に力をいれる「恵庭北高等学校」

恵庭北高は北海道恵庭市に位置する道立高校です。女子短距離界のトップ・福島千里選手が所属する北海道ハイテクアスリートクラブで代表をつとめる中村宏之監督は恵庭北高の女子部門の監督も兼ねているため、陸上部の活動は盛んで、女子の短距離などは全国レベルで活躍する選手を輩出しています。
短距離の北風沙織選手、三段跳びの竹田小百合選手、100mハードルの寺田明日香選手は同校を卒業してハイテクアスリートクラブに所属し、活躍しています。

まとめ

福島千里選手を輩出した北海道では、未来のスターを目指してたくさんの高校生が陸上競技にはげんでいます。
今後の活躍に目が離せませんね。

以上「【なまら好きだべさ】北海道の陸上強豪校5選」でした。

関連記事

おすすめの記事