「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東京オリンピックでマラソン代表選手となる条件である「MGC」とは

2018 2/8 10:18奏希01
マラソン
このエントリーをはてなブックマークに追加

今までのマラソン選手の選考方法

オリンピックが行われるたびに選考について文句が出てくる競技がマラソンだ。その理由として一発で代表を決める大会がないからである。
世界陸上で成績上位者になるか、指定された3つの大会の成績上位者から代表が決められているためだ。

3つしかない代表枠に対して選考大会が4つあり、しかも天候やレース展開、他のレース結果を考慮するという非常にあいまいなものだった。それゆえ誰もが納得する選考というのはかつて一度もなかった。

MGCとは

東京オリンピックではこういったあいまいさを無くすために「本当に強いランナーを東京五輪に出場させよう」とMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)を開催するに至った。
MGCとは言ってみれば、東京五輪マラソンランナー決定戦のようなもので、2019年9月以降に行われる予定である。

誰でも参加できるというわけではなく、東京マラソンなどの国内主要大会で好成績を残す(日本人3位以内かつ大会ごとに設定されたタイムをクリアすることが必要)、もしくは国際陸連公認大会などで好成績を残ささなければ、出場機会は与えられない。
ちなみにMGCで男女3選手ずつが決まるわけではなく、ここで2選手ずつが決まり、最後の1選手ずつはマラソングランドチャンピオンシップファイナルチャレンジ(2019年冬~2020年春開催予定)で決まる。

おすすめの記事