「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

陸上競技の歴史にのこるちょっと面白いアクシデントの数々

2017 7/10 10:25茶色野うさぎ
マラソン
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Pavel1964/Shutterstock.com

世界中のアスリートが夢や名誉のために技やタイムを競い合う真剣な陸上競技界。そんな中でも、時にはちょっと笑ってしまうようなアクシデントというのが起きてしまう。今回はそんなアクシデントを5つ紹介したい。

19歳のゲブレセラシエ選手を襲ったアクシデント

エチオピア出身の長距離走選手である、ハイレ・ゲブレセラシエ選手は、「皇帝」とも呼ばれる長距離界のスターだ。そんな彼は1992年のジュニア世界陸上競技選手権大会に19歳で出場。10000mでそのアクシデントは起こった。
ゲブレセラシエ選手は序盤から終始、前には出ずに力をためる戦法をとった。いい位置をキープすると、最後はケニアのジョセファト・マチュカ選手の背後にぴったりと張り付き、ゴール手前の直線で追い抜きにかかる。
しかしこの走りにフラストレーションをためていたマチュカ選手が、抜かれた瞬間にゲブレセラシエ選手の後頭部を思い切り殴りつけてしまった。ちょっと痛そうだったが、結果的にゲブレセラシエ選手は後ろから押される形で加速、見事金メダルとなった。

毎日マラソンに出場したショーター選手を襲ったアクシデント

1970年代の最強ランナーとも呼ばれるアメリカのフランク・ショーター選手は、1973年に開催された毎日マラソンに出場した。前年のミュンヘンオリンピックで優勝していたショーター選手は大変な注目を集め、スタートから快調な走りを見せていた。
しかし10km以降雲行きが怪しくなってくる。ショーター選手はこの時なんと便意に襲われていたのだ。しかしそこは一流選手。審判員の許可をとると、沿道の観客のもっていた小旗を何本かゲット、わき道の草むらへ姿をくらますと素早く「大」の方を済ませる。そして小旗でお尻をふき、レースに舞い戻ってくるのだ。この間およそ20秒ほどの早業だった。
このあとショーター選手は快調に飛ばし、最後は独走状態で優勝。一流選手の力を証明した。

おすすめの記事