「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

名古屋ウィメンズマラソン、その人気の秘密とは?

2017 7/10 10:25茶色野うさぎ
名古屋女子マラソン
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by amnat11/Shutterstock.com

女性のための市民マラソン大会としてたくさんの参加者が集まる名古屋ウィメンズマラソン。いったいどんな大会なのか、気になっているランナーも多いだろう。今回は名古屋ウィメンズマラソンを詳しく解説していく。

世界も認める名古屋ウィメンズマラソン

名古屋ウィメンズマラソンは、マラソンフェスティバルナゴヤ・愛知のメイン大会として、2012年から毎年3月に開催されている女性限定の市民マラソン大会だ。初開催となった2012年には13114人が参加し、女子マラソンとしては世界最大規模を実現、ギネス世界記録として認められた。その後も年々参加人数は増えていき、2016年には19607人の女性が参加している。
またコースもアップダウンの少ない平坦なコースとなっていて、国際陸上競技連盟が認める優良なコースにしか与えられないゴールドラベルを獲得している。

完走率の高い名古屋ウィメンズマラソン

名古屋ウィメンズマラソンは完走率の高い市民マラソンだ。2016年には19607人が参加して19112人が完走、完走率は97.5%を記録している。
制限時間は7時間に設定されているが、混雑を考慮して参加者には6時間30分で完走することが求められる。一般的な市民マラソンは制限時間が5~6時間に設定されているものが多いので、名古屋ウィメンズマラソンの制限時間は比較的ゆるいといえる。
またコースも平坦で走りやすいコースなので、初心者の方はまず名古屋ウィメンズマラソンから始めるのがいいだろう。

おすすめの記事