「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

激しくも華麗なる戦い。陸上競技におけるライバル選手の争いを紹介!

2017 7/10 10:25TANANA
ウサイン・ボルト選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by spatuletail/Shutterstock.com

自分自身との戦いでもある陸上競技だが、常に上位を争うライバルの存在があると、観戦する側にとってはその戦いがより華麗なものに映る。 今回は、レジェンド級選手たちの激しいライバル関係を紹介することで、陸上競技の新たな魅力を探っていく。

1980年代のマラソン界をけん引した瀬古利彦氏と中山竹通氏

学生時代から陸上競技界において特筆すべき実績を残していた瀬古利彦氏。1977年よりマラソンに本格参戦するとメキメキ頭角を現し、国内外で数々の記録を残し優勝を果たしていくのだ。しかし1980年代になると、最大のライバルが現れる。1984年の福岡国際マラソンで初優勝し、瀬古氏に迫る勢いを見せた中山竹通氏だ。
その後、お互い抜きつ抜かれつの結果を残したが、ターニングポイントとなったのが1988年のソウルオリンピックだった。結果は中山氏が4位、瀬古氏が9位だったが、レース終了後にお互いに握手を交わし、世代交代が行われた瞬間とも言われたのだ。

代表選考の過程でライバル関係となった有森裕子氏と松野明美氏

1990年、91年の大阪国際女子マラソンで2年連続日本人最高記録を樹立した有森裕子氏は、92年のバルセロナオリンピックで女子マラソン代表の有力候補だった。しかし、その選考過程で物議をかもすことになる。92年の同大会において2位に入った松野明美氏の成績がそれまでの有森氏の成績を上回っていたため、どちらが代表になるかで大きな議論を呼ぶことになったのだ。
最終的には有森氏がそれまでの実績と経験を買われて代表に選ばれ、バルセロナにおいて女子マラソン界64年ぶりの銀メダルを獲得するという結果を残したが、両者は和解に至るまで約20年の歳月を要した。

おすすめの記事