「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

今やパラリンピックの主要競技となった車椅子マラソンの歴史を探る

2017 7/10 10:25TANANA
車椅子マラソン
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by a katz/Shutterstock.com

1984年よりパラリンピックの正式種目となった車椅子マラソンだが、大会自体はそれより前に行われていた。 障がい者がアスリートとして活躍する道を切り開いたこの競技はどのように生まれ、また普及していったのか。 今回はそれを探っていきたい。

車椅子マラソンのパイオニアとなった一人の青年

車椅子マラソン自体は1950年代から存在していたものの、正式な競技として認知されたのは1975年にアメリカで開かれたボストンマラソンからだ。当時24歳だったアメリカ人のボブ・ホール氏が、健常者しか参加できなかったボストンマラソンに、車椅子での参加もOKになるよう訴訟を起こし、それが認められてスタートラインにたったのだ。
走破タイムは2時間58分と平凡なものだったが、障がい者でも一流のマラソン大会に参加できるということを証明した意義は大きく、以後多くのマラソン大会において障がい者も参加することを可能とした画期的な出来事だった。

車椅子マラソンその後の普及

1975年のボストンマラソンをきっかけに、世界中の大会で車椅子マラソンが開催されるようになった。健常者と一緒に走る大会と並行する形で、車椅子ランナー単独の大会も普及していくことになったのだ。障がいの程度によってクラス分けが行われるなどのレース環境の整備も行われ、競技としての完成度も高まっていった。
男子のみならず、女子も黎明期からの積極的参加が目立ち、障がい者アスリートとしての知名度を世界的に広める役割を果たしていくことになった。

おすすめの記事