「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

スピードと技の競い合い!車椅子マラソン日本代表を解説

2017 7/10 10:25TANANA
車椅子競技,世界陸上
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Eckhard Pecher

2020年東京パラリンピックに向けて、車椅子マラソン日本代表争いも熾烈になっている。 栄光のスタート位置に立つのは果たしてどの選手になるのか、興味が尽きない。 今回は、その有力候補と言える選手を紹介していく。

絶望から栄光へ。メダル最有力の呼び声高い洞ノ上浩太選手

2000年にバイク事故で重傷を負った洞ノ上浩太選手。2002年に病院で同室だったアスリート仲間に誘われたのがきっかけで車椅子マラソンに挑戦を始めた。最初は競技用の車椅子に戸惑い、数メートル進むのにも数十分以上要したが、そこから猛練習を開始。早くも4年後にはフェスピックで優勝を果たす。
パラリンピックにおいても各大会において上位入賞、リオでは7着と、日本人最先着を果たした。さらには2014年と15年の各マラソン大会でも7回出場中6回優勝という実績を残しており、2020年にはメダルへの期待も高まっている。

競技用車椅子を愛する中年の星!ベテラン山本浩之選手

バイク事故で20歳から車椅子生活となった山本浩之選手。ケガが癒えてからは車椅子バスケットボールをしばらく続けていたが、マラソンに競技人生の矛先を向けるとすぐに頭角を表す。2007年大分国際車椅子マラソン2位を皮切りに、国内大会で複数回の優勝、国際大会でも上位入賞を果たした。
山本選手は、競技用車椅子の細かいチューニングにこだわりを持ち、スムーズなレース運びに全身全霊を注いでいる。2020年東京パラリンピック時には54歳を迎える大ベテランが世界を驚かせるのか、要注目となる。

おすすめの記事