「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東京パラリンピックの車椅子マラソンでメダル有力な女子選手を紹介

2017 7/10 10:25TANANA
車椅子マラソン,土田和歌子
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 JULIAN MASON

障がい者アスリートたちの激闘が、オリンピックをも超える感動を呼び起こすパラリンピック。 2020年に東京で行われる同大会も注目の的となっているが、今回は車椅子マラソンでメダルの最有力候補と目される女子選手を紹介していく。

日本女子車椅子マラソン界のレジェンド!土田和歌子選手

まず最初に紹介するのは、地元東京のパラリンピックでメダルの期待がかかる土田和歌子選手だ。1994年、リレハンメル冬季パラリンピックのスピードスケートレースに日本代表として出場したのをきっかけに本格的に競技に参戦し、1998年の長野冬季パラリンピックでは数々のメダルを獲得、一躍障がいスポーツ界において注目を浴びた。
2000年からはプロに転向し、長距離やマラソンに本格参戦、2004年のアテネ夏季パラリンピックにおいて5000mで金、マラソンでも銀を獲得した。その後も2008年から東京マラソン女子車椅子の部で9連覇を果たすなど国内では敵無しで、2020年にも大いなる期待がかけられている。

強いハートの持ち主!木山由加選手

小学校低学年より、運動機能が徐々に衰える難病を発症した木山由加選手。同じく障がいを持っていた兄弟が車椅子マラソンを始めたのをきっかけに、自身もアスリートへの道を歩み始めたのだ。
懸命に練習に励み、ついに2010年アジア大会で初の日本代表選手に選出。2012年、2016年にはロンドンとリオのパラリンピックへの出場も果たした。トラック競技に参戦し、メダルには手が届かなかったものの、国内では大分のマラソン大会で連覇を果たすなど、着実に実績を積み上げてきており、2020年のパラリンピックでもマラソン競技でのメダル獲得へ期待感が増している。

おすすめの記事