「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

パラリンピックを代表する迫力あるレース!車椅子マラソンの魅力を解説

2017 7/10 10:25TANANA
車椅子マラソン
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by blurAZ/Shutterstock.com

1984年の夏季パラリンピックより正式種目となった車椅子マラソンは、オリンピックマラソンにも負けない障がい者アスリートたちの熱い戦いとドラマが毎回展開されている。 今回は、この車椅子マラソンの魅力を紹介し、さらに2020年東京パラリンピックに向けた注目選手も挙げていく。

パラリンピックにおける車椅子マラソンの歴史と日本人選手の活躍

車椅子マラソンの国際大会は、1952年に英国において開催されたのが始まりと言われるが、パラリンピックで正式種目として新設されたのは1984年の米国ニューヨークと英国アイレスベリー共同大会からだった。そして1996年のバルセロナ大会から、障がいの程度によるクラス分けが実施されている。
日本人選手も第1回から積極的に参加しており、1988年のソウルパラリンピックにおいて前田いつ子選手が銅メダルを獲得したのを皮切りに、男女合わせて10個以上のメダルを手にした。

車椅子マラソンのルールをわかりやすく解説

参加選手は車輪が3つあるタイプの車椅子に乗り、腕の力だけで車輪を回してトラックや市街地を走り、基本的には通常のマラソン大会と同じ42.195kmの完走を目指す。障がいの程度によってT51-T54などのクラス分けが存在し、異なるクラス間では禁止されるルールも存在する。
その代表的なものがドラフティングと呼ばれるもので、車椅子マラソンでは重要な戦略であり、空気抵抗を減らすため先行する選手の直後に位置付けることを指すが、これは同じクラス同士の選手たちの間で行うべきものとされている。

おすすめの記事