「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

リムをこいで風を切る!車椅子マラソンのルールとは

2017 7/10 10:25ゆうり
車椅子マラソン
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Bikeworldtravel/Shutterstock.com

1984年のロサンゼルスオリンピックから、夏季に行われるパラリンピックの正式種目に加わり、身近なスポーツになってきた車椅子マラソン。 今回は車椅子マラソンの基本的なルールなどを詳しく説明する。

車椅子マラソンとは

車椅子マラソンとは、公道のコースなどを利用して行われる車椅子の陸上競技であり、障がい者スポーツの中のひとつだ。参加者はレーサーと呼ばれる3輪の競技用車椅子に乗って専用のグローブをはめ、腕の力だけでリムをこいで42.195kmを走る。
21.0975kmのハーフマラソン、10kmや5kmのロードレースなど、マラソンに満たない短い距離でも、トラック以外で行われる場合、日本国内では車椅子マラソンと言われることが多いようだ。
車椅子マラソンの平均時速は、健常者マラソンの平均時速20.4kmの約1.5倍、31.7kmになり、下り坂では時速50kmを超える場合もある。

車椅子マラソンの開催形態

「車椅子の部」として大きなマラソン大会の中で行われる場合、一般のマラソン大会のスタート時間5~10分前に、健常者と同じコースをスタートする。参加者を健常者がゴールするより早くゴールできる選手に絞れば、健常者と交錯することもなく、5~10分交通規制を延ばすだけでコースを利用できることがメリットだ。
また、車椅子ランナーだけによる大会では、車椅子の部としての参加時よりも関門時間を多少長くすることができるため、重度の障がい者であっても参加しやすいメリットがある。

おすすめの記事