「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

世界陸上2017の楽しみ方を紹介いたします。

2017 7/10 10:25華津代
世界陸上,ジャマイカ代表
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Petr Toman/Shutterstock.com

2017年8月5日から13日までの予定で世界陸上がロンドン・スタジアムにて開催される。 テレビでも時間を割いて放映されるため、日頃あまり陸上に詳しくない方でも楽しんで観られる方法を紹介する。

まず世界陸上の基本データを知っておこう

世界陸上は世界のトップアスリートがすべて集まり陸上世界一を決める大会だ。主催するのは国際陸上競技連盟で、第1回大会はオ1983年8月にフィンランドのヘルシンキにて開催された。
第3回は1991年に東京で開催され、これ以降第4回は1993年ドイツのシュツットガルト、第5回は1995年スウェーデンのイエテボリといった形でオリンピック前年・翌年の2年に一度に開催されることになり、2007年には大阪でも開かれている。
参加国・地域も200を超え、第15回2015年北京大会では207の参加国・地域、1933人の競技者が熱戦を繰り広げている。そして2017年のロンドンに続き、2019年はカタールのドーハ、2021年はアメリカのユージーンでの開催が決定している。

2017年世界陸上の詳細は?前回2015年のことも知っておこう

2017年の世界陸上は、現地時間の8月4日~13日までロンドンオリンピックパークで開催される。8月はロンドンではサマータイムが採用されており、日本との時差は8時間のため、日本時間での開催時間は8月5日未明から14日までとなる。
2015年北京大会では、100mから10000mまで行われるトラック競技、走り幅跳びなどのフィールド競技、マラソンなどのロードレースで、男子24、女子23の計47種目が行われている。金メダルが多かったのは10000m、3000m障害などのケニア、100m、200mなどのジャマイカだ。共に7つずつ獲得しており、ウサイン・ボルト選手はこの大会で3つの金メダルを獲得した。

おすすめの記事