「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

パラリンピックの走り幅跳び選手を紹介します。

2017 7/10 10:25華津代
パラリンピック,走り幅跳び
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by sportpoint/Shutterstock.com

ロンドン、リオデジャネイロと共に4000人を超す選手が参加したパラリンピックは、2020年には56年ぶりに東京で開催される。 そこで今回は、パラピンピックのミニ知識と共に、走り幅跳びにおける有名な外国人選手や、注目されている日本人選手の紹介をしていきたい。

知っておきたいパラリンピックのミニ知識

第1回夏季パラリンピックは1960年9月18日?25日にローマで開催された。日本は1964年の東京パラリンピックから参加している。2016年リオデジャネイロパラリンピックでは、160以上の国と地域が参加し、4,350人の選手が多くの競技で競い合った。
パラリンピックでは平等の条件で競えるように、各種目に障がいの種類、状況を考慮した「クラス分け」がある。また、走り幅跳びなど立位で競技する選手は、義足を装着しなくてはいけないため、スポーツ用義足を使いこなす高度なテクニックと強い筋力が重要な要素となる。義足は日々進化しており、現在の主流は、地面を蹴る反発力によりスピードが生まれるカーボンファイバー製である。

パラリンピック連覇!世界王者マルクス・レーム選手

ドイツ生まれのマルクス・レーム選手は、2015年10月、障害者陸上世界選手権で樹立した自身のT44クラスでの世界記録をさらに大きく塗り替える8メートル40という驚異的な記録を出した。そしてリオ・パラリンピックにおいても、ロンドン・パラリンピックに次いで金メダルを獲得している。
「ブレード・ジャンパー」とも呼ばれるマルクス・レーム選手は、8メートルという大台を超えるため、空中での身体の動き、着地時の姿勢などの改善や肉体の鍛錬に取り組んできた。義足を自在に操り驚異的なジャンプを見せてくれるマルクス・レーム選手は、健常者と競い合うオリンピック出場を夢に掲げている。

おすすめの記事