「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

知って得する市民マラソン人気ランキング

2017 7/10 10:25おおたき
市民マラソン,東京マラソン
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo byJ. Henning Buchholz/Shutterstock.com

年々参加者が増加している市民マラソン。 走ってみたいけど、どんな違いがあるのか、どうやって参加すればよいのかわからず、今まで諦めていた方もいるかもしれない。 今回は参加者が多い順にランキングにしてまとめてみた。

1位東京の過去から現在、そして未来を象徴するコース「東京マラソン」

東京マラソンは、東京都庁から出発し、神田、日本橋、両国、銀座から東京駅前行幸通りを走るマラソンだ。新しくなったコースは東京の過去から現在未来につながる東京の象徴になっている。定員が35,500人、大会当日に満19歳以上、制限時間6時間40分以内に完走できる人であれば、一般参加ができる。
種目はマラソン男女と車いす男女のほかに10kmジュニア&ユース視覚障害者、知的障害者など幅広く参加することができる大会だ。
参加料はマラソンが国内10,800円、海外12,800円で、10kmが国内5,600円、海外6,700円す。世界陸上競技選手権大会の代表選考競技会でもある。

2位国内では東京マラソンに次ぐ大規模大会「大阪マラソン」

大阪マラソンは、大阪城公園から出発し、インテックス大阪前までを走るコースになる。チャレンジランの場合は、大阪城から大阪市役所前までになる。定員が29,000人で18歳以上で、6時間30分以内に完走できれば一般参加ができる。種目はマラソンとチャレンジラン(8.8km)だ。
個人申し込みのほかにペア、グループでの申し込みができる。参加料はマラソンが国内個人で10,800円、海外個人で13000円、ペアが30,000円、グループが参加人数にかかわらず一律105,000円 、チャレンジランが国内で5,400円、海外で6500円だ。

おすすめの記事