「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

注目の日本選手権男子100メートル 9秒台に挑む4人<2>

2017 6/20 10:23きょういち
陸上
このエントリーをはてなブックマークに追加

ライバルはケガ

 桐生のライバル、山県の動向が見えてこない。今季序盤は豪州で10秒0台を連発し、桐生との直接対決にも勝ったが、4月に地元広島であった織田記念、5月には所属先のセイコーの冠大会であるゴールデングランプリ川崎を、ともに右足首の故障で欠場した。その2大会は、山県にとってはある意味、絶対出なければならない大会なのだが、それを欠場しなければならないほど、ケガの調子が思わしくないのだろうか。

 日本人初の9秒台がかかる舞台で、山県が不在というのでは役者が足りない。日本選手権ではベストの状態でやってくると信じたい。

(続く)

おすすめの記事