「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

インターハイの陸上競技で活躍した歴代選手たち・男子やり投げ編

2017 6/13 12:41茶色野うさぎ
陸上
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 daily.co.jp

高校生アスリートたちが切磋琢磨する舞台がインターハイだ。 毎年いろいろな競技が実施され、有望な若手選手たちが活躍している。 今回はその中からやり投げにスポットを当てて、歴代選手たちの活躍を紹介していく。

やり投げという競技について

やり投げは、規定のサイズのやりを投げて距離を競う投擲競技の一種だ。サイズは一般男子で長さが2.6~2.7m、重さが800gとなっている。円盤投げと同じく非常に歴史のある競技で、古代オリンピックから行われていた競技とされている。
1984年に東ドイツのウベ・ホーンさんが104m80というとんでもない記録を出してから、危険性を考慮して飛びにくいやりに変更された。現在の世界記録は1996年にチェコのヤン・ゼレズニーさんが出した98m48となっている。この投擲は2位に5m以上の差をつけるすごい投擲で、近い記録を出すのも難しい記録になっている。

1980年のインターハイで6位入賞、溝口和洋さん(熊野高)

1980年の徳島インターハイで6位入賞したのが溝口和洋さんだ。溝口さんは高校からやり投げを開始し、高3でインターハイ6位入賞を果たすと、京都産業大学に進学、大学4年生の時には1984年のロサンゼルスオリンピックに日本代表として出場するなど、日本やり投げのトップ選手へと駆け上がっていく。
1989年の国際グランプリで出した87m60という投擲は、日本記録として今でも残っている。1998年に引退すると指導者として活動し、中京大学で同じ投擲種目に取り組む室伏広治さんの指導にあたっていたこともある。

おすすめの記事