「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

インターハイの陸上競技で活躍した歴代選手たち・男子ハンマー投げ編

2017 6/13 12:41茶色野うさぎ
陸上
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 vectorfusionart/shutterstock.com

毎年開催されるインターハイでは高校生アスリートたちがたくさん参加し、いろいろな競技でしのぎを削っている。 今回は陸上競技の中からハンマー投げにスポットを当てて、これまでに参加した歴代選手たちの活躍などについて紹介していく。

ハンマー投げという競技について

ハンマー投げは、規定の重さのハンマーを投げて距離を競う投擲競技の一種だ。重さは一般男子で7.26kg、高校男子で6kgとなっている。アイルランドで金づちに鎖をつけて投げていた競技が起源とされているため「ハンマー投げ」という名前になっているが、現在公式に使われているのは砲丸にワイヤーをつけたものだ。
世界記録は1986年に樹立された86m74で、当時のソビエト連邦のユーリ・セディフさんが3回転投げで打ち立てた記録だ。年々投げ方も研究されて4回転投げが主流になっているが、なかなか世界記録更新というところまでは至っていないのが現状だ。

1962、1963連覇の鉄人、室伏重信さん(日本大学三島高)

1962年、1963年のインターハイを連覇したのが、のちに「アジアの鉄人」と呼ばれる室伏重信さんだった。日本陸上競技界で代表する存在となる室伏広治さんの父親としても知られる重信さんは、高校時代から投擲種目で頭角を現し、独自の投擲フォームの研究などをしながら日本選手権10連覇、アジア大会5連覇といった実績を残した。
39歳で迎えた1984年のシーズンには、75m96という当時の日本記録を樹立している。この記録は息子である広治さんに破られるが、いまだに日本歴代2位の記録として歴史に刻まれている。

おすすめの記事