「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

インターハイの陸上競技で活躍した歴代選手たち・男子円盤投編

2017 6/13 12:41茶色野うさぎ
陸上
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Aleksandar Kamasi/shutterstock.com

高校生のスポーツの祭典として毎年開催されるのがインターハイだ。 いろいろな種目が行われているインターハイだが、今回は円盤投という競技に注目して、これまでに活躍した歴代選手たちを紹介する。

円盤投という競技について

円盤投は規定の重さの円盤を投げて距離を競う投擲競技の一種だ。重さは一般男子で2kg、高校男子で1.5kgとなっている。起源は古く、2世紀頃に作られたとされる古代ギリシャの彫刻として円盤投の彫像が残っていたり、紀元前500年頃の陶器に円盤投をする男性がデザインされていたりと、古代オリンピックから続く競技の1つとして知られている。
世界記録は1986年に当時の東ドイツのユルゲン・シュルトさんが残した74m08で、投擲技術が進歩してもなかなか破られない記録として残っている。

1997年のインターハイを制した、村上幸史選手(今治明徳高)

1997年の京都インターハイを制したのは、のちにやり投げで有名になる村上幸史選手だ。中学時代に軟式野球部で投手をやっていた彼はノーヒットノーランを3回達成するほどの好投手として知られていたが、個人種目に魅力を感じて投擲種目に転向する。
高校ではすぐに頭角を現し、高2の時にやり投で優勝、高3でやり投と円盤投の2冠に輝く。日本大学進学後はやり投のスペシャリストとして活躍し、世界ジュニア選手権で銅メダルを獲得するなどの活躍を見せる。卒業後はスズキに入社して競技を続け、2009年にはベルリン世界選手権で銅メダルを獲得するという快挙を成し遂げた。

おすすめの記事