「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

インターハイの陸上競技で活躍した歴代選手たち・男子3000mSC編

2017 6/13 12:41茶色野うさぎ
陸上
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 FS Stock/Shutterstock.com

スポーツに打ち込む高校生たちがしのぎを削る舞台がインターハイだ。 今回はそんなインターハイの中から陸上競技の3000mSCにスポットを当ててみたい。 どんな競技なのか、そして歴代選手たちの活躍を紹介していく。

男子3000mSCという競技について

3000mSCの「SC」というのは、英語の「Steeplechase」の略で、障害物競走という意味を持っている。日本語で3000m障害と表記されることも多い。400mトラックの途中に設置された障害物5つをクリアしながら、3000mの距離を走る長距離走になる。
障害物は平均台を横にしたようなものが使われ、そのうちの1つは着地点に水たまりが設けてある。水しぶきを上げて駆け抜けていくシーンは記憶にある方も多いだろう。かなりハードな競技で、素人では完走することも難しいと言われている。

1993・94インターハイ連覇ダニエル・ジェンガ選手(仙台育英高)

1993年の栃木インターハイ、1994年の富山インターハイで3000mSCを連覇したのがケニアからの留学生だったダニエル・ジェンガ選手だ。1993年の2年生で出した8分41秒46というタイムは、いまだに大会記録として残っている。さらに3年生の時には日本選手権にも出場し、当時のジュニア新記録となる8分19秒21という好タイムをたたき出した。
流通経済大学に進学後はユニバーシアード大会などで活躍し、卒業後はマラソンに転向。2007年の第1回東京マラソンで優勝し、初代チャンピオンとして名前を刻んだ。

おすすめの記事