「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

インターハイの陸上競技で活躍した歴代選手たち・男子400mH編

2017 6/13 12:41茶色野うさぎ
陸上
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 redstone/Shutterstock.com

高校生にとってのスポーツの一大イベントであるインターハイでは、いろいろな競技が開催され、将来有望な選手たちがしのぎを削る。 今回はその中から陸上競技の400mHにスポットを当てて、活躍した選手たちを紹介していく。

男子400mHという競技について

陸上の400mHという競技は、400mの距離の中で10台のハードルを越えるスプリント競技だ。110mより距離は長いだが、ハードルの数は一緒だ。しかし、後半の失速に伴いハードル間の歩数が変わってくるため、右足・左足どちらでも踏み切ることができる器用さが必要になってくる。
世界的にはアメリカを中心としたスプリントに強い国が上位を占めていて、世界記録はアメリカのケビン・ヤングさんが1992年に出した46秒78という記録だ。世界でも46秒台で走ったのは彼だけで、46秒台というのは夢の記録となっている。

1987年のインターハイで準優勝・苅部俊二さん(横浜市立南高)

1987年の山梨インターハイに出場して400mHで準優勝したのが苅部俊二(かるべ しゅんじ)さんだ。高校からハードルに転向した彼だが、すぐに才能が開花して活躍を始める。法政大学に進学後は大学日本一にも輝き、1991年の東京世界陸上にも出場している。
アトランタオリンピック、シドニーオリンピックにも出場し、日本を代表する選手へと成長した。2001年からは法政大学の専任講師に就任するとともに、解説者としてテレビ出演もするなど、活動の幅を広げている。

おすすめの記事