「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

インターハイの陸上競技で活躍した歴代選手たち・男子5000m編

2017 6/13 12:41茶色野うさぎ
陸上
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Take Photo/Shutterstock.com

陸上長距離走の未来を担う有望な選手たちがたくさん参加するのがインターハイの5000m走だ。 今回はそんな陸上ファン垂涎のインターハイで活躍した歴代選手たちや、その後の活躍についてまとめてみたい。

男子5000mという競技について

陸上の5000m走は長距離走に分類される競技で、長距離走の中では一番短い距離で競う競技だ。インターハイの陸上の中では最も長い距離になり、将来有望な長距離ランナーたちがたくさん参加している。
世界的にみるとエチオピアとケニアが圧倒的に強く、エチオピアのケネニサ・ベケレ選手が2004年に出した12分37秒37というのが世界記録となっている。レース展開や戦略にもよるが、ハイペースで走り続ける持久力だけでなく、終盤でのロングスパート、ゴール直前でのスプリント力など、総合的な走力がないと世界では勝てない競技になってきている。

1991年のインターハイで優勝・渡辺康幸さん(市立船橋高)

1991年の静岡インターハイで5000mを優勝したのが渡辺康幸さんだ。スケールの大きな走りは早くから注目を浴び、高校時にはすでに実業団レベルという評価をされるほどの逸材だった。
高校卒業後は早稲田大学へ進学し、あこがれの瀬古利彦さんの指導を受ける。大学在学中には駅伝を中心に大活躍し、多くのタイトルをもたらしている。
卒業後はヱスビー食品に入社、マラソンに転向するが、ケガが多く期待されたような活躍はできずに引退。その後は指導者の道を進み、母校の早稲田大学の監督を務め、2015年4月からは実業団の住友電工陸上部監督に就任している。

おすすめの記事