「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本陸上競技選手権大会に出たい!出場資格を解説

2017 6/13 12:41茶色野うさぎ
日本陸上競技選手権大会,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

出場資格その2、参加標準記録の突破

日本陸上競技選手権大会という舞台で競技をするためには、やはり、いい記録を持っていることが大事になってくる。前年の優勝者以外の選手が参加するためには「参加標準記録」を突破する必要がある。
「参加標準記録」にはAとBがあって、それぞれに条件が付けられている。参加標準記録Aは大会の前年1月はじめからエントリー受付終了(5月末)までの期間に突破すれば出場資格が与えられるもので、少し厳しめの記録だ。参加標準記録Bは少しゆるめの記録だが、各地方大会で3位以内に入るという条件が付く。各競技の標準記録は、日本陸連の公式サイトにある日本選手権特設サイトで確認できる。

出場資格その3、推薦枠

出場資格として少し特殊なのが「推薦枠」だ。これは日本陸連の強化委員会が特別に推薦する選手に対して与えられる出場資格だ。強化委員会というのは、日本の陸上競技の強化を専門的に行う組織で、強化委員長には100m日本記録保持者の伊東浩司さんが就任している。
また長距離・マラソン強化のプロジェクトリーダーとして、瀬古利彦さんも名前を連ねているような豪華なメンバー。また開催する都道府県の陸上競技協会から推薦された選手が承認された場合も出場できる。

出場資格、そのほかの取り決め

出場資格には、基本的に日本国籍を持つことと定められているが、男女の5,000m、10,000mだけは外国籍選手のオープン参加が認められている。この場合も参加標準記録Aを突破していることが条件になる。これは日本にわざわざやってきて競技を続けてくれている留学生などに参加のチャンスを与えるもので、参加した選手はレベルの高いパフォーマンスを見せてくれる。
そのほかには、参加標準記録を突破して出場資格を満たした場合でも、参加人数が多すぎて運営が難しくなると判断した場合などは、参加を制限されることもある。

まとめ

日本陸上競技選手権大会に出場するための出場資格について詳しく解説した。若い選手にとってはやはり、参加標準記録の突破というのが大きな課題になってくるようだ。記録の向上と大会に向けたコンディションの調整などが重要になってくる。

おすすめの記事