「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017別府大分毎日マラソン大会を、大会概要や注目選手と共に紹介

2017 6/13 12:41masumi
マラソン
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by lzf/Shutterstock.com

2017別府大分毎日マラソン大会は、小雨の中、熱い戦いが繰り広げられた。大会は同年8月に開催される世界陸上の選考会も兼ねていたため、代表権争いも熾烈だった。ここでは2017年第66回大会のまとめと、概要や注目選手などを紹介しよう。

別府大分毎日マラソンとは

別府大分毎日マラソンは、大分県大分市で毎年2月の第1日曜日に開催されるフルマラソン大会だ。通称で「別大(べつだい)マラソン」とも呼ばれている。
第1回大会が開催された1952年当時は、全長35キロコースで行われた。現在は、大分マリーンパレス水族館「うみたまご」をスタートし、2つの折り返し地点を経由、大分市営陸上競技場をゴールとしたコース内容で行われている。
このコースは、別府湾沿いで海風の影響を受けやすく、好記録を出すのは容易ではないとも言われているが、2011年からは女子選手のエントリーも開始された。なお、表彰は男女別に行われている。

2017年第66回大会について

別府大分毎日マラソンは、オリンピックや世界陸上などの選考会を兼ねることもある重要な大会だ。2017年第66回大会は世界陸上ロンドン大会の代表選考レースとなることでも話題となっていた。
事前予想で注目されていたのは、中本健太郎選手、丸山文裕選手、足立知弥選手など、2時間10分を切るタイムを持つ選手と、エチオピアのデレジェ・デベレ選手、ケニアのフェリックス・ケニー選手などの海外招待選手だった。
トップ選手による代表権争いも絡むため、熱い戦いになることは間違いないだろうと、周囲からは、開催前から大きな期待が寄せられていた。

おすすめの記事