「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

インターハイの陸上100mで過去に活躍した選手とその後

2017 5/15 09:56masumi
陸上
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by seekeaw rimthong/Shutterstock.com

高校生アスリートにとっては、夢の舞台でもあるインターハイ。そこで活躍し、さらなる大舞台へ飛躍を遂げた選手もたくさんいる。過去に陸上競技100mで活躍した選手に注目し、振り返ろう。

インターハイと陸上競技の「100m競走」について

インターハイは高校総体とも呼ばれ、毎年8月頃に開催されている。正式名称は「全国高等学校総合体育大会」だ。
種目の1つである「100m競走」は、どの大会においても花形競技となっており、陸上競技の中でも人気が高い。レースは通常、陸上競技場のメインスタンド前に設置されている直線のセパレートレーンで行われる。 100m競走(以下100m)は風の影響を受けやすい競技で、追い風が風速2.0m/sを超えた場合のレース記録は認定されず、「追い風参考記録」にとどめられている。
現在の日本最高記録は、男子は伊東浩司さんの10秒00(1998年)、女子は福島千里選手の11秒21(2010年)だ。

男子100m大会記録保持者。桐生祥秀選手

桐生祥秀選手は、1995年に滋賀県彦根市で生まれ、彦根市立南中学校を経て京都府の洛南高校に進んだ。
3年生で出場した2013年のインターハイでは、他の選手をぐんぐんと引き離す堂々たる走りで、10秒19の大会新記録で優勝した。少年男子Aで出場した国体(東京)では10秒22で優勝し、高校時代の3年間で3連覇を達成している。
2014年、東洋大学に進んだ桐生選手は、関東インカレでジュニアアジア記録と日本学生タイ記録となる10秒05で優勝した。日本選手権にも出場し、10秒22で初優勝を遂げている。
2015年、アメリカで開催されたテキサス・リレーでは、3.3mの追い風参考ながら9秒87をマークして優勝し、2016年にはリオデジャネイロオリンピック出場も果たしている。

おすすめの記事