「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

絶対に見逃せない!2017年の日本陸上競技選手権大会

2017 4/20 11:07茶色野うさぎ
陸上
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Valery Bareta/ Shutterstock.com

リオオリンピックで一気に盛り上がった日本の陸上界。それを機に陸上に興味を持った方も多いのだろうか?そこで紹介したいのが「日本陸上選手権大会2017」だ。世界で戦える注目・若手選手の見どころを紹介しよう。

今年はかなり熱い「日本陸上競技選手権大会2017」

日本の陸上競技の最高峰の舞台である「日本陸上競技選手権大会」は、毎年6月にトラック競技、フィールド競技をまとめたメイン大会が開催される。日本国内の最高タイトルというのももちろんだが、8月に開催されるオリンピック、世界陸上の代表選考の舞台にもなっている。
2017年は大阪府のヤンマースタジアム長居にて6月23日から25日の日程で、夏に開催される世界陸上の代表選考も兼ねて開催される。昨年のリオオリンピックで活躍した選手や、期待の若手たちがぞくそくと集まる大会になると思うので要チェックだ!

2017年は短距離が熱い

昨年のリオオリンピックで活躍したケンブリッジ飛鳥選手、桐生祥秀選手、山縣亮太選手、飯塚翔太選手の4人は2017年も間違いなく本命になるだろう。海外でのトレーニングや大会の経験も着々と積んでおり、安定した走りを見せられるようになってきている。4人とも男子100m、男子200mのどちらも可能性を秘めており、激戦が予想される。
男子400mではリオオリンピックで不本意な結果に終わったウォルシュ・ジュリアン選手が雪辱に燃えている。女子はやはり福島千里選手が中心になりますが、伸び盛りの若手がどれだけ食らいつけるかが楽しみだ。

おすすめの記事