「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017ニューイヤー駅伝のレース展開や活躍選手などについてのまとめ

2017 3/29 09:30masumi
陸上
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by HUAJI/shutterstock.com

2017年元日、新しい年の幕開けを飾る「ニューイヤー駅伝」が開催されました。今大会も激しいレースとなり、様々なドラマが生まれています。ここではニューイヤー駅伝の成り立ちなどにも触れながら、「ニューイヤー駅伝2017」のレース内容や成績、注目選手などについてのまとめを行います。

ニューイヤー駅伝とは

「ニューイヤー駅伝」は、実業団の日本一を決める大会で、正式名称は「全日本実業団対抗駅伝競走大会」です。
正月の風物詩ともなっていますが、元日に開催されるようになったのは1988年以降です。第1回大会が1957年3月に三重県で開催された後、第5回(1960年)から第31回(1986年)までは12月に開催されていました。 第32回(1988年)から開催日は1月1日に、開催地は群馬県に定着しています。
距離や区間は数回の変更を経て、現在では群馬県庁をスタート・ゴール地点とする、7区間全長100キロのコースで開催されています。

1区スタートから3区まで

強風の中、レースは始まりました。 旭化成を先頭に集団は少し縦長になっていきます。 終盤に日清食品グループの戸田選手がスパートをかけ、首位で中継所に入ります。続いてカネボウと九電工が入りました。
2区では日清食品、日立物流、九電工の先頭集団に、DeNAのカロキ選手が凄まじい追い上げで近づきます。 18人抜きで先頭集団に追い付き、日立物流、九電工に続く3位となりました。
3区に入るとDeNAの上野選手が首位に立ち、終盤には独走となります。 後方からはトヨタ自動車の大石選手が猛追し、20人抜きで3位へと大躍進します。首位はDeNA、2位は日立物流です。

おすすめの記事