「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017箱根駅伝のレース展開や活躍選手などについてのまとめ

2017 3/29 09:30masumi
陸上
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 mezzotint/shutterstock.com

新春の東京箱根間をタスキで繋ぐ「箱根駅伝」は、毎年大きな話題を呼ぶ人気の大会です。2017年も例年通り1月2日から3日に開催され、多くの声援の中、様々なドラマが生まれました。ここでは2017年第93回箱根駅伝のまとめとして、レースのハイライトや活躍が目立った選手などを紹介します。

1区から3区は首位の奪い合いに

沿道の大声援の中、選手は街に飛び出して行きました。
1区は選手がもつれ合う大混戦で、中継所では8秒間に東洋大学など6チームがひしめく展開となりました。 2区では、序盤から青山学院大学(以下大学略)の一色恭志選手が抜け出してレースをリードします。 16キロ地点では神奈川大の鈴木健吾選手がスパートをかけ、首位を奪って次第に独走となります。
神奈川大は3区の越川堅太選手が中盤まで安定した走りで首位を維持しますが、13キロ地点で青山学院の秋山雄飛選手に捕らえられ、青山学院が首位のまま4区へとタスキを繋ぎました。

距離変更がなされた4区と5区

2017年から区間距離が変更となり、4区はコース終盤に山登りが2キロ増えました。 青山学院の森田歩希選手は安定した走りでトップを保ち、2位に追い上げてきた早稲田との差を1分29秒に広げ、5区へとタスキを繋ぎます。
距離が短縮された5区は、走り始めるとすぐに登り坂になるコースです。 早稲田の安井雄一選手も33秒差まで縮める追い上げを見せましたが、青山学院の貞永隆佑選手が首位を守りきりました。 青山学院は往路三連覇の達成です。2位には早稲田、3位には順天堂が入りました。

おすすめの記事