「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

カーボローディングなど市民マラソンに向けての食事管理や準備について

2017 2/16 10:10
陸上
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Abel Tumik/Shutterstock.com

全国各地でさまざまな特色を持った市民マラソン大会が開かれています。 ちょっと参加して日頃のランニングの成果を試してみたいなぁ、などと思うこともあるかも知れません。 そんな時の準備に向けて今回は食事管理方法などから調べてみました。

カーボローディングって何?

カーボローディングとは、マラソンなど持久力を必要とするスポーツにおいて、バテない体をつくるためレース3日前から糖質を通常より多く体内に溜め込むための栄養摂取方法で、別名グリコーゲン・ローディングとも呼ばれています。
体内での糖質量を効果的に高めることによってエネルギーの枯渇を防ぎ、自己のパフォーマンスを最大限に引き出すことが目的です。
大量のエネルギーを消費する持久系スポーツ選手の多くが、このカーボローディングを取り入れており、本番のレースに向けて調整しています。

市民マラソン参加を決めたら食事の管理方法は?

マラソンに参加する際の食事の管理は大切です。レース中のパフォーマンスを安定させるためにも、大会前に体内のエネルギー調節をしておくことが必要です。
レース3日前から糖質を大量に摂取して体内にため込むカーボローディングに取り組み、精白米、パン、パスタなど炭水化物を普段より多く摂取しますが、主食だけでなく、たんぱく質やビタミンなどバランスよく食べて糖質を取ることがポイントです。
オリンピック選手などには餅を利用する人もいるようです。同時に水をこまめに飲むことで脱水や熱中症予防効果が期待できる水分補給方法、ウォーターローディングも行いましょう。

おすすめの記事