「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

仮装して市民マラソンに参加!あなたならどんな仮装をする?

2017 2/16 10:10
陸上
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Bikeworldtravel/Shutterstock.com

ランニングブームの熱も冷めることなく大勢の参加者でにぎわっている市民マラソンですが、中には仮装して参加するランナーもいますね。 もし、あなたが仮装して参加するならどんな仮装がいいですか? 仮装の為の心得とアイデアをご紹介します。

仮装して市民マラソンに参加するための下調べ

仮装してマラソンに参加するにあたっては少し注意が必要です。まず、参加しようとしている市民マラソンが仮装を禁止していないか、また、制限を設けていないかの確認をしっかりしましょう。仮装禁止とされているなら諦めましょう。特に禁止と言われてなくても、宗教要素の強いものや宣伝になるようなものは避けなければいけません。
また、逆に仮装を推奨している市民マラソンもあるので、堂々と仮装したければ、仮装を認めてくれている大会を吟味して参加しましょう。

仮装して参加するなら絶対時間内に完走すること!

仮装して参加する最低限のマナーとして時間内に完走しましょう。仮装すると普段より走るのが大変です。それに打ち勝つだけの実力をつけておかないといけませんね。せっかく場を盛り上げたとしても仮装ランナーのリタイヤはみんなががっかりしてしまいますし、「リタイヤするなら普通の恰好で走ればいいのに」と言われかねません。
どんな仮装であれ、笑顔で余裕で走って周囲を元気づけてこそ楽しい仮装となるのです。衣装が大きすぎて進路をふさぐ、音が鳴ってうるさいなど、周りのランナーの迷惑になることはしないのも重要なポイントですね。

おすすめの記事