「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

雨の日の市民マラソンでの服装や持ち物、注意点など

2017 2/16 10:10
陸上
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Stefan Holm/Shutterstock.com

せっかく楽しみにしていた市民マラソンが雨だと残念ですね。 特に冬の場合は、雨に濡れると体温が急速に低下して体調を崩しかねません。 そこで、雨対策に最適な持ち物や服装や注意点をご紹介します。 これらを参考にして、雨でもペースを守って完走を目指してください。

スタートするまでの対策とは?

会場入りした時点で雨が降っていれば、折り畳み傘をさしてスタートを待ちます。いくら撥水性のジャンパーのようなものを着用していても、雨に濡れると体温が低下しますので、傘で体が濡れないようにすることがベストです。
また、冬の大会では捨ててもよい大判の羽織れるくらいのバスタオルがおすすめです。タオルは保温効果があるので、肩や腕にかけると寒さが和らぎます。そして、数キロ走って温まれば給水所のごみ箱に捨てましょう。

雨の場合の最適な服装とは?

雨で体が濡れると冷えますので、100均の雨合羽かゴミ袋で作ったポンチョがおすすめです。要らなくなれば給水所で捨てることができます。 フード付きのものはフードの部分に雨がたまりますし、ウインドブレーカーではゼッケンがつけられず、暑くなった時に脱ぎにくいのでおすすめできません。
そして、靴が濡れても走りにくいので、ふくらはぎにビニール袋を筒状にしたものを巻きつけると効果的です。 身に付けるものの素材は、吸水しにくいポリエステルを選ぶとよいでしょう。

おすすめの記事