「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

これだけは押さえておきたい!マラソンウェアの選び方

2017 1/30 12:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by AnastasiiaS/Shutterstock.com

マラソンをしよう!と思い立ったら、ウェアとシューズの準備が必要です。 しかし、一口にウェアといっても男女別、天候別に様々なものがあります。 ウェアを選ぶ際のポイントについて、この記事ではまとめてみたいと思います。

マラソンウェアについて

まず、マラソンを始めるにあたって、特別なマラソン用のウェアが必要かと言えば、必ずしもそうではありません。 極端な話、スポーツ用のTシャツやサッカーのユニフォームのような物、そして短パンがあればなんとかなるといえば、なんとかなってしまいます。
それ以上のものを購入する、ということを主眼をおいて今回の記事はそのポイントについて説明していくことになりますが、まず、皆さんに理解しておいていただきたいのは、マラソン用のウェアが必須か、といえば特にそうではない、ということなのです。

トップスを選ぶ(機能性)

その上でトップスについて解説します。 トップスについては男女であまり差はありません(もちろん、サイズの差は存在しますが)。 その上で、デザインと機能性で判断していくことになります。
機能性は

①汗をしっかり吸い取ってくれる吸水性
②吸った汗で体が冷えるのを防ぐ速乾性
③熱がこもらないようにする通気性

の3つのどれを重視するか、ということになっていきます。
実際に走る上では、特に吸水性・速乾性が体温に直結する事項であるため、これを重視する人が多いようです。

トップスを選ぶ(材質)

また、上記の機能性については、どの材質のトップスを選ぶのか、ということに大きくかかわっていくことになります。
トップスの材質としては

・ポリエステル
・綿

そしてその混合が大多数を占めます。
少し前まではポリエステルの生地のトップスは、吸水性・通気性が非常に悪いとして敬遠されがちな面がありましたが最近では技術が発達し、ポリエスエルでも十分な吸水性・通気性が得られる商品が多くなっています。
まずは無難なウェアがほしい、ということであれば、ポリエステルのものを選ぶと良いでしょう。

女性ならではの気遣い

ウェアを選ぶ際、特に女性向けの商品には、トップス・ボトムスともに

・UVカット機能
・防臭機能

といったものが付加されている製品が多数あります。
UVカットはご存知の通り、紫外線をカットする機能で、日焼けを防ぐ効果があります。特にポリエステルの材質の商品には90%以上カットする商品もあり、人気を博しています。 防臭に関しても、抗菌機能と共にこれが付されている商品がポリエステル製では珍しくありません。

ボトムスを選ぶ

ボトムスには、

・パンツ
・タイツ
・スカート(レディースのみ)

の3種類があります。
一番ラフで動きやすいのがパンツでしょう。

また、パンツは通気性に優れ、シルエットを隠せる、という利点もあります。
タイツについては

・サポートタイプ
・コンフレッションタイプ

があります。前者は骨盤などを固定することで、体への負担を減らすタイプ、後者は筋肉を引き締めることで、最大のパフォーマンスを引き出すタイプです。 タイツとスカートを組み合わせてもよいでしょう。
スカートは機能的に特徴はあまりありませんが、デザイン性という意味では着こなしが楽と言えるでしょう。

まとめ

このように、一口にウェアといっても様々な種類があります。 天候に合わせてどのウェアにするか決めてもいいですし、まずは初心者だから無難なものを・・・と選んでもそこまでパフォーマンスに影響はないでしょう。 着こなしという意味ではデザイン重視でもいいかもしれません。 上記のような特徴が一応はあるんだ、ということを踏まえて、自分に合ったウェアを選んでみてくださいね!

関連記事

おすすめの記事