「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

陸上日本女子マラソンにおける草分け的存在!有森裕子選手の功績とは

2017 1/30 21:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: http://www.asahi.com/

今や世界でも戦っていける日本の女子マラソンだが、いったいいつから世界トップレベルになったのだろうか?その経緯や歴史を知っておけば、マラソン観戦やマラソンの話題になっても楽しむことができるかもしれない。今回は、女子マラソンの草分けともいえる有森裕子選手について紹介する。

有森裕子選手とは

有森裕子選手というと、日本人では知らない人はいない陸上女子マラソン界におけるスター的存在だ。
女子におけるプロマラソンランナーの草分けとして知られる彼女は、1966年12月17日に岡山県岡山市で生まれた。中学生時代はバスケ部に所属しており、走ることには自信があったという。高校では陸上部に所属していたが、当時はまだ才能を開花させていなかった。高校時代は、当時長距離走のスター選手であった増田明美選手にあこがれていたという記録がある。

初マラソンで日本記録を樹立

怪我の影響もあり、大学でもあまり成果が出なかったものの、卒業後リクルート社に入社し、小出監督に熱意をアピールすることで陸上部への入部を果たす。
1990年に開催された大阪国際女子マラソンで才能の開花を果たす。有森選手は初出場ながらも女子マラソン日本最高記録を樹立し、6位入賞を果たす。さらに翌年にも出場し、そこで日本最高記録を打ち立てた。ここから、日本中の関係者が有森選手に注目をするようになったのだ。

おすすめの記事