「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

戦後の黄金時代を生き抜いた陸上選手君原健二の功績とは?!

2017 1/30 21:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: http://number.bunshun.jp/

みなさん、リオオリンピックは満喫されただろうか?のめり込みすぎて寝不足になった人もいるかもしれません。その熱が冷めきる前に、過去の選手についても知ってみるのはどうだろうか。競技の歴史を築いた人物を知れば、これからの試合観戦も面白くなる。今回は陸上の君原健二選手について紹介する。

君原選手とは

皆さんは、君原健二選手をご存知だろうか?昔から陸上競技を観戦してきた人にとっては伝説ともいえる人かもしれない。君原選手は、陸上競技の中でもマラソンにおいて当時輝かしい歴史を刻んできた選手だ。
君原選手は、1941年3月20日に福岡県に生を受けた。君原選手が、中学生の時に友達のすすめで駅伝クラブに入ったことから、陸上競技との生活を始める。中学高校時代はとりわけ成績が良かったわけではなく、目立った選手ではなかったのだが、陸上選手として現在の新日鐵住金に就職後のコーチの指導により花開いた。

マラソン第一次黄金時代

君原選手が就職した当時、新日鐵住金では高橋進コーチが指導を行っており、その指導により君原選手は飛躍的にランナーとして成長を果たした。君原選手をはじめとして、円谷幸吉選手や寺沢徹選手など日本には実力派のマラソン選手が同世代に集まっていた。
このことから、君原選手たちは男子マラソン界における第一次黄金時代といわれた。君原選手は、特に円谷選手と仲が良くライバルとして切磋琢磨していた。

おすすめの記事